立ちくらみ 舌 しびれ 症状 病気

立ちくらみで舌のしびれで病気とは?

スポンサーリンク

なんだかふらふらと立ちくらむことって、よくありますよね。
それに加え、舌のしびれがあることがあります。
舌がしびれている状態は、意外と不快なものです。
舌は日常生活を送るにあたり、非常に重要な器官なのだと気づかされますね。

 

しかし、立ちくらみも比較的よくあることですし、
舌のしびれもあまり大げさに騒ぐことではない、と思っていませんか。

 

身体が教えてくれる不調のサイン、
軽く考えていると重症化してしまうこともありますよ。
今回は、立ちくらみとともに、舌がしびれる状態は何かの病気なのか、
についてご紹介します。

 

舌がしびれるということは?

 

しびれるということは、神経が障害を起こしている状態です。
脳が異常を感じ、しびれという感覚を引き起こし教えてくれるものです。

 

しびれの原因としては、身体の機能が低下していたり、
血流が低下したり、神経が圧迫されるなど様々です。
舌がしびれることは身体の不調の大切なサインですよ。

 

立ちくらみで舌がしびれるのは何?

 

さて、ここからは立ちくらみとともに舌がしびれてしまうときに、
どんな病気が疑われるのかご紹介します。

 

・鉄欠乏性貧血
血中のヘモグロビンの生成には鉄分が必要不可欠です。
そのため、鉄分が不足するとヘモグロビンが減少し、貧血に陥ります。

 

ヘモグロビンが減少するということは、
脳に送る酸素の供給量が低下するということです。
低酸素状態になると、ふらつくようになります。

スポンサーリンク

また、低酸素状態であることで体の様々な器官で不調を来すようになり、
その異常を察知し舌にしびれを感じるようになることがあります。

 

・亜鉛欠乏症
亜鉛は、人の免疫機能を維持するために必要な栄養素です。
亜鉛が不足すると免疫が低下したり、
糖代謝の機能が低下したりと身体に不調を来します。

 

めまいや立ちくらみ、倦怠感に加え、
口内炎、舌炎、舌がしびれる違和感、味覚障害に陥ることもあります。

 

・舌痛症
舌痛症の原因は、まだはっきりとはしていませんが、
精神的ストレスによる自律神経の乱れ、
更年期などによりホルモンバランスの不調が、大きく関与していると考えられています。

 

自律神経やホルモンバランスが乱れると身体に様々な不調があらわれます。
イライラしてしまったり、落ち着かなかったり、
多汗症になったり、めまいやふらつきなども起こります。

 

どんな症状でも起こり得てしまうのが自律神経、ホルモンバランスの乱れ。
時として、熱いやけどをしたような、
痛みやしびれを感じる舌痛症を引き起こすこともあります。

 

 

このように、立ちくらみとともに舌がしびれるという状態は、
普段の生活のストレスや栄養不足などの影響が、
積み重なって引き起こされることが多くあります。

 

立ちくらみ、舌がしびれている状態は、
身体に異常をきたし始めているから早く対処をしてほしい、
という身体のSOSです。

 

立ちくらみとともに舌がしびれるなと感じたら、
早めに医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク


この記事はあなたのお役に立てましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば幸いです。
下記のソーシャルメディアボタンで
共有して頂けたら助かります。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加