ダイエット 立ちくらみ 男性 対処法

ダイエットで立ちくらみ男性での対処法とは?

スポンサーリンク

立ちくらみや貧血というのは、女性のものというイメージが強いですよね。
しかし最近は、男性も立ちくらみや貧血を感じる人が増えているのです。

 

その理由が、女性と同じでダイエットが多いのです。
男性もメタボリックや体型を気にしてダイエットを始めるのです。

 

健康や美容への意識を強く持つことは良いことですが、
貧血などになってしまっては元もこもありませんよね。
そこで今回は、男性のダイエットでの立ちくらみの対処法を紹介します。

 

食事制限をしない

 

栄養は一日に必要な分をちゃんと摂取できるようにしましょう。
断食や過度な食事制限をすると、身体が栄養不足となり貧血が悪化してしまうのです。

 

症状としては、立ちくらみのほかにも、
倦怠感や頭痛、疲労感を感じてしまうこともあります。
「決められた時間に、1日3食、栄養のバランスの整ったもの」
を意識して食事をしましょう。

 

間食や暴飲暴食を避けることも大切ですよ。
もしメタボリックを解消したいのなら、
炭水化物と糖質を控えて、たんぱく質を摂取すると良いでしょう。

 

運動はほどほどにする

 

運動は、毎日ちょっとずつ続けることが大切です。
ダイエットだからといって、急に激しい運動をすると、
運動のしすぎで赤血球が破壊されてしまい、貧血をおこしてしまいます。

 

ちなみに、メタボリックを解消する目的であれば、
ウォーキングのような有酸素運動が良いと言われています。
まずは歩くところから始めて、毎日続けることが大切です。

スポンサーリンク

タンニンの過剰摂取を避ける

 

ダイエットに効果的だとされる「タンニン」。
タンニンとは、ポリフェノールの総称です。
しかしこのタンニンは、鉄分の吸収を邪魔してしまうので、
沢山摂取するのは危険なのです。

 

どんなに鉄分が含まれた食事をしても、
鉄分は体に吸収されないので、
鉄分不足となって貧血につながってしまいます。

 

ダイエット効果があるから沢山摂取したくなるのも分かりますが、
タンニンだけに限らず一つのものを過剰に摂取するのは良くありません。
タンニンの過剰摂取は避け、変わりに鉄分の吸収を助ける、
ビタミンCやたんぱく質を意識して食事に取り入れましょう。

 

もし貧血の症状を感じたら

 

貧血の症状は、男性の更年期とよく似ています。
そのため、「仕方が無い」と済ませてしまいがちです。
しかし、貧血は放置していると、さらに悪化していきます。
「おかしい」と感じたら、病院に行って検査をしましょう。

 

 

このように、ダイエットで男性でも立ちくらみなど、
貧血の症状を感じるようになるのです。

 

健康的に痩せられるよう、無理をしたり偏った食事をしたりするのは避けましょうね。
また、もし立ちくらみを感じるようになったら
病院で検査してもらい、治療することも大切ですよ!

スポンサーリンク


この記事はあなたのお役に立てましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば幸いです。
下記のソーシャルメディアボタンで
共有して頂けたら助かります。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加