インフルエンザ 予防接種 立ちくらみ

インフルエンザの予防接種で立ちくらみとは?

スポンサーリンク

冬場から春先まで毎年流行する、インフルエンザ。
とても感染率が高く、高熱が出る病気です。
インフルエンザを予防する効果が期待できるのが、予防接種です。

 

しかし、予防接種をして立ちくらみを感じたら、
どうして?と不安になってしまいますよね。
特に小さなお子さんや、お年寄りの場合は、不安が強いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、インフルエンザの予防接種で、
立ちくらみが起きるのはなぜなのか、その理由を紹介します。

 

インフルエンザ予防接種の副作用

 

予防接種とは、わざと病気になって身体の抵抗力をつけさせるようなものです。
そのため、身体がインフルエンザに対する抵抗力をつけるために、副作用がおきます。

 

インフルエンザワクチンを受けることで、
副作用が発症される確立は、
10%〜20%と言われています。

 

一般的に見られる副作用の症状は、
・赤くなる
・腫れる
・痛む

 

という軽いものがほとんどです。
これらは2〜3日の間に治まる場合がほとんどで、
大きな問題になることはありません。

 

次になる可能性のある副作用として、
・発熱
・腹痛
・頭痛
・寒気
・だるさ
これらも2〜3日で治る場合がほとんどです。

 

要注意の重い副作用〜アレルギー反応〜

 

インフルエンザ予防接種による副作用は、
そのほとんどが、ワクチンに対する身体の正常な働きによるものが多いです。

 

しかし、まれにアレルギー反応が出てしまう場合があるのです。
アレルギーの中でも特に注意したいのが、卵アレルギーです。
最終的には、卵の成分はほぼ0に近いところまで除去されるようですが、
それでもアレルギー反応を起こしてしまうことは意外とあるようです。

スポンサーリンク

アレルギー反応を起こしたときは、
・じんましん
・しっしん
・かゆみ
・摂取部の晴れが広範囲に及ぶ
というような症状がみられます。

 

卵アレルギーがでてしまうと、
これらの症状がさらに悪化してしまうこともあるので注意が必要です。
もし卵アレルギーがある場合は、事前に医師と相談が必要となります。

 

要注意の重い副作用〜アナフィラキシーショック〜

 

最も危険な副作用です。
この症状が出てしまう場合は非常にまれですが、
可能性がないわけではないので知っておくと良いでしょう。

 

症状としては、
・かゆみ
・じんましん
・呼吸困難になる
・咳がひどい
・めまい
・立ちくらみ
・頭痛
・腹痛
・下痢
というものがあげられます。

 

特に卵アレルギーを持っていて、
過去にアナフィラキシーショックを起こしたことのある人は特に危険です。

 

一度アナフィラキシーショックを経験すると、身体の中に抗体ができます。
しかし、二度目に起こすと、その抗体が過剰に反応を起こして、
ショック死にいたるケースがあるのです。

 

特徴としては、発症までの時間が短いです。
予防接種後30分程度で、何かしらの症状が出ることが多いです。
必要な場合は、30分〜1時間程度は、
病院にコンタクトのとれる場所で待機しているのが良いでしょう。

 

このように、インフルエンザの予防接種後に立ちくらみを感じたら、
もしかするとアナフィラキシーショックかもしれません。
特に経験のある人は、予防接種を受ける前にきちんとその旨を医師に相談しましょうね。
もし症状がでたら、すぐに病院に行くようにしましょう。

スポンサーリンク


この記事はあなたのお役に立てましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば幸いです。
下記のソーシャルメディアボタンで
共有して頂けたら助かります。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加