高血圧 薬 立ちくらみ 副作用

高血圧の薬で立ちくらみは副作用なの?

スポンサーリンク

高血圧の薬を服用している人は多いことでしょう。
どんな薬にも副作用はありますが、
立ちくらみに関しては高血圧の薬の副作用であるとは限りません。

 

高血圧に対して処方される薬

 

降圧剤は、その人の高血圧の原因と考えられるものや併存疾患の有無、
体質などによって決定されます。

 

降圧剤は血圧の高い状態そのものを治すためのものではなく、
高すぎる血圧を抑えるためにあるので、
長期間にわたって服用することの多い薬です。

 

最近では様々な薬が開発され、副作用はさほど多くないとされています。
しかし、それでも人によっては、
その作用が強く出てしまうことがあるため注意が必要です。

 

副作用の中でも低血圧症状を引き起こしてしまうリスクがある薬は、
ACE阻害薬やα遮断薬などがあげられます。
α遮断薬は、自律神経の作用を抑制するので、
血管拡張から血圧の低下が起こりやすい場合があります。

スポンサーリンク

正しく服用できているかも大切

 

薬を服用するときには、正しく服用できているのかは、
きちんと振り返ってみてください。
間違ったまま服用を続けると、
それこそ立ちくらみだけでは済まなくなる可能性があります。

 

間違って多く服用している、または服用の時間を間違っていると、
予想以上に効果が表れて血圧が下がりすぎることがあります。
そうすると、立ちくらみを起こしやすくなってしまいます。

 

また、他の病院からもらっている薬を、きちんと主治医に伝えているでしょうか。
飲み合わせが悪い薬は、効果を発揮できないどころか、
新たな不調を作り出してしまう可能性があります。

 

一番危ないのは、自分に処方されたわけではない薬を服用することです。
その時の体の健康状態、体質なども考えて薬は処方されます。
決して他人に処方された薬は飲まないようにしてください。

 

ただし、降圧剤を飲み始めてすぐの期間では、
薬による血圧変化に体が慣れるまで具合が悪いと感じることがあります。
ある程度の変化は覚悟したうえで、薬は服用すべきでしょう。

 

 

どうしても薬が体に合っていないと感じるときには、
早めに医師と相談し、変更することが大切です。
主治医とのコミュニケーションは密にとるよう心掛けてください。

スポンサーリンク


この記事はあなたのお役に立てましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば幸いです。
下記のソーシャルメディアボタンで
共有して頂けたら助かります。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加