立ちくらみ 足のしびれ 病気

立ちくらみと足のしびれでの病気とは?

スポンサーリンク

立ちくらみは健康の人でも起こる可能性があり、
頻度が少なければ休めば問題ない症状であると言えます。
病気かどうかは、その頻度と立ちくらみ以外の症状があるかどうかに、
焦点を当てて判断するとよいでしょう。

 

ここでは、立ちくらみで足のしびれを生じさせる可能性のある、
疾患を紹介していきます。

 

自律神経失調症になっている場合

 

自律神経は、体を活発に働かせるために働く交感神経と、
体を休ませ体力回復のために、血流を内蔵や体の末端に集中させる、
副交感神経の2つがあります。

 

この2つの働きはお互いがお互いを抑制しあって、
必要な時に必要な分だけ働けるようにバランスをとっており、
自律神経失調症になると、そのバランスが崩れてしまいます。

 

不具合の多くは、交感神経が常に過敏に働くようになってしまうこと、
そして、適切なタイミングで働かないことで起きています。
過剰に緊張状態を作り出し、血管を収縮させて循環障害を起こしてしまうことで、
立ちくらみだけでなく足のしびれも出現するのです。

スポンサーリンク

また、パニック障害などの精神的な問題から、
交感神経が常に過敏に働いて緊張状態から抜け出せない、という場合も、
立ちくらみだけでなく足のしびれが出現しやすいです。

 

自律神経の働きを正常に保つためには、
普段からストレスフルな環境を避けることや、
生活リズムを崩さずに過ごすことが近道です。

 

脳に異常がある場合

 

立ちくらみに加えてしびれが伴う時、もっともリスクがあるのが脳の疾患です。
脳梗塞や一過性脳虚血発作を起こすと、
単純に脳にダメージを与えるので頭痛や立ちくらみを起こします。

 

そして脳の運動機能を司る部分がダメージを受けてしまえば、
その部位に応じたしびれ(麻痺)が出現します。

 

これは一刻を争う症状です。
もし、ろれつが回らない・いきなり脱力やしびれが起きたというようなときは、
病院へ行って必要な処置を受けなければなりません。

 

・・・いかがでしたか?
足のしびれを引き起こす病気には様々なものがありますが、
急激に立ちくらみとしびれが始まり、横になって休んでも回復が得られないものは、
きちんと検査を受けるようにしてください。

スポンサーリンク


この記事はあなたのお役に立てましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば幸いです。
下記のソーシャルメディアボタンで
共有して頂けたら助かります。
どうか、よろしくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加