立ちくらみ 原因 対処法

立ちくらみの原因と対処法とは?

スポンサーリンク

「立ちくらみの原因と対処法」にようこそ!
アドバイザーの樋口 由香里と言います♪

 

あなたは、立ちくらみをしたことはありますか?
特に女性は、一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
急にフラッとして、目の前が真っ暗になってしまうので、
怖いものですよね。

 

私も「立ちくらみ」に悩む一人です。
私が経験や勉強したことを紹介していきますので、
宜しくお願い致します。

 

さて、立ちくらみは、どうして起こるのでしょうか?
また、もし立ちくらみになってしまった時は、
どうしたらよいのでしょうか?

 

そこで今回は、立ちくらみの原因と対処法を、
いくつか紹介していきます。

 

立ちくらみの原因

 

立ちくらみの原因は、脳へ血液や酸素が十分に送られないことです。
脳への血流を維持しているのは血圧なので、
血圧が低くなると立ちくらみがおきやすくなります。

 

また、血圧の調整がうまくいかないときにも起こりやすくなります。
代表的なものに、起立性低血圧と血管迷走神経反射という病態があります。

 

起立性低血圧とは?

 

血圧は、頚動脈や大動脈弓と呼ばれる動脈に存在するセンサーによって監視されています。
血圧が下がると、そのセンサーが感知して延髄という中枢に指令を送ります。

 

指令を受けた延髄は、自律神経(交感神経と副交感神経)に指令を送って、
交感神経を活発化させ、副交感神経の働きを抑制させるのです。

 

交感神経は、末梢の血管をしめて、心拍数を上げる作用を持っています。
このため、交感神経が活発になることで、
脳への血流が保たれて血圧が低下するのを防ぐのです。

 

起立性低血圧症では、寝ている状態から急に立ったときに、
血液が重力によって下肢に移動することでおきる、
血圧の急低下を代償できない場合に起こるものです。

 

起立性低血圧の原因は?

 

・自律神経に障害がある場合
(自律神経失調症やパーキンソン病、糖尿病性自律神経障害など)
・出血や脱水などにより、体内の血液量が少ない場合
・降圧薬や利尿薬を服用している場合が考えられます・

スポンサーリンク

対処法は?

 

@ 寝ている状態から急に立ち上がらないようにする
特に朝は、血圧が低くなっています。
起床時はゆっくりと、いったん座って心を落ち着けてから立ち上がるようにしましょう。

 

A 多めの水分摂取や塩分の多い食事をとる
普段から低血圧の人は、心不全などの合併症がない場合には効果的な行動となります。

 

B 基礎疾患がある場合は、その治療を行うこと
もし基礎疾患がある場合は、その治療を行うことが大切です。

 

C 規則正しい生活をする
不規則な生活により自律神経が乱れている場合には、
早寝早起き、健康的な食事、適度な運動など規則正しい生活リズムを心がけましょう。
生活リズムが整うことで、自律神経のバランスも整っていきます。

 

血管迷走神経反射の原因と対処法は?

 

立ちくらみの原因として最も多いのが、この血管迷走神経反射です。
迷走神経という神経は、副交感神経です。
塾交感神経は、交感神経の逆の働きをするので、
血管を拡張させて心拍数を下げる作用を持っているのです。

 

突然の痛みや精神的ショック、空腹、長時間の立位、
排尿や排便の刺激によって、迷走神経は活性化します。
学校の全校集会で倒れたり、お年寄りがトイレで用をたした直後に倒れたりするのは、
この迷走神経反射によって引き起こされているのです。

 

この迷走神経反射では、
「このままでは倒れてしまいそう」という前兆を感じることが多いようです。
対処法としては、このような感覚を持ったら、
早めにしゃがみこんだり横になったりして、倒れるのを防ぎましょう。

 

また、なるべく迷走神経反射を起こさないように、
緊張や暑さ、痛み刺激などのストレス状態を避けることも大切です。

 

お年寄りは、トイレでの立ちくらみが非常に多いので、
様式のトイレにしたり手すりをつけたり工夫をして、転倒を防ぐようにしましょう。
冬のトイレの中や便座を事前に温めておくことも、予防の良い対策です。

 

迷走神経反射は、正常な身体の反応なので治療は全く必要ありません。
だからこそ、予防と転倒防止が一番大切なのです。

 

立ちくらみは、ほとんどの場合は一過性のもので問題はないのですが、
立ちくらみによる転倒はとても危険です。
転倒を未然に防げるように、意識していきましょうね!

 

【免責事項】
当サイトは長年「立ちくらみ関係」で悩んできた、「私の体験談サイト」です。
従いまして、当サイトから得た情報による、いかなる事項についても
当サイトは一切責任を負いません。
全ては当サイトを読んだユーザーの自己判断の結果としますので、
予めご了承下さい。

スポンサーリンク